FUNGI-菌類小説選集 第Ⅱコロニー オリン・グレイ / シルヴィア・モレーノ=ガルシア編 野村芳夫訳

Pヴァイン 2017年初版
ソフトカバー 192ページ
18.8 x 12.8 x 2.5 cm

植物よりも動物に近く、どちらともまったく異なる存在である「キノコ」。
本書は、共編者のオリン・グレイとシルヴィア・モレーノ=ガルシアが、
日本の怪奇映画『マタンゴ』の話題で意気投合し、不思議な菌類の小説を集めたアンソロジーだ。
目のくらむような、キノコの物語の森へようこそ。

■収録小説

1
幽霊屋敷へと忍び込んだ超自然現象専門探偵の物語
青色のへきれき (イアン・ロジャーズ)

2
男と女、愛の不均衡、菌類が知らせるその真実
死者たちの夢見るところ (A・C・ワイズ)

3
とある村に起きた異変を描く歴史ものファンタジー
黒花の微塵 (ダニエル・ミルズ)

4
人類にとって本当の危機とは何かを問うスチーム・パンク
ど真ん中の怪物 (フリオ・トロ・サン・マーティン)

5
エコロジー的観点から描かれた近未来的日常風景
オイスターのなかの真珠と温室のオイスター (リサ・M・ブラッドリー)

6
互いに住みやすい環境を求める人と菌類との往復書簡
菌真者への手紙 (ポレンス・ブレーク)

7
妙な臭いの丸太を菜園に埋めるよう促す母、はたしてその真意は?
すべての真ん中を貫く孔 (ニック・ママタス)

8
かつて父と暮らした家の壁のカビが、少女の心象風景を侵食する
再びの帰宅 (サイモン・ストランザス)

9

巨大キノコとの闘いに挑むヒロイック・ファンタジー
やつらはまずブタを迎えに来る (チャドウィック・ギンサー)

10
知らないはずのことを知っている――菌類が紡ぐ記憶の連鎖
ガンマ (レアード・バロン)

11
彷徨する胞子を歌ったスペキュレイティヴ・ポエム
冬虫夏草ゾンビ (アン・K・シュウェーダー)

12
飛行機恐怖症の小説家の顛末を描く一大菌類賛歌
われらが物語は永遠に (ポール・トレンブリー)


状態:非常に良い
若干の歪みがありますが、全体的に綺麗な状態です。

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストもしくはレターパック等

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する