ソラル アルベール・コーエン 紋田廣子訳

国書刊行会 2013年初版
ハードカバー 341ページ
19.2 x 13.2 x 2.8 cm

天性の美貌をほこる主人公ソラルは十六歳のときケファリニアのゲットーから抜け出し、「運命の女性」オード・ドゥ・モーサンヌと結婚、フランスで二十五歳の若さで大臣となり、宮廷のユダヤ人ヨセフのように時の花をかざすが、結局は根無し草にすぎない孤独な自分に気付いて絶望の淵を彷徨う。ゲットーの家族との絆を完全には断ち切れず、新たなアイデンティティーも確立できぬまま、本来の目的である西欧社会への同化に失敗し、その生を終わろうとするが……。 アカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞した傑作『選ばれた女』の前日譚。

状態:非常に良い
カバー上下にオレあり。他は大変綺麗な状態です。

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストもしくはレターパック等

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する