『死者の書』の謎――折口信夫とその時代 鈴木貞美

作品社 2017年初版
ハードカバー 280ページ
19.8 x 13.6 x 2.4 cm

- 帯より -
『死者の書』は、こう読め!
seitan
130周年、いま、甦る折口信夫。

歌人・小説家=釈迢空と民俗学者・国文学者=折口信夫。二つの才能が見事に融合・醗酵した稀有の小説『死者の書』。作家の青年期、作品成立の時代背景・作者の精神に踏み込むことで謎多き名作の秘鑰に迫る。

状態:非常に良い
カバーに少オレ有。他は大変綺麗な状態です。

¥ 1,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストもしくはレターパック等

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する