【新刊】七つのからっぽな家 | サマンタ シュウェブリン / 見田 悠子訳

河出書房新社 2019年初版
ハードカバー 182ページ
19.9 x 14 x 2 cm

- 帯より -
世界が震えたまったく新しい声

シェウェブリンは、現代文学において最も将来を約束された作家の一人だ。
この語り手に輝かしい未来があることに疑問の余地はない ーーマリオ・バルガス=リョサ

認知症の妻とおっと、全裸で戯れる祖父母と孫、密かな共感を抱く少女と男・・・
世界30過酷以上で翻訳される要注目作家の短篇集。

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストもしくはレターパック等

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する