【新刊】森があふれる | 彩瀬まる

河出書房新社 2019年初版
ハードカバー 183ページ
19.6 x 13.4 x 2 cm

- 帯より -
「書く男と書かれる女。異形の愛に、背中がゾクゾクした。」
小説家の夫・徹也に、書くことを通して奪われてきた妻・琉生。
愛の果ての果て、女が見たものは、光か、地獄か?

作家・埜渡徹也のひと回り年下の妻・琉生は、突然、大量の植物の種を飲み、倒れる。翌日、彼女の毛穴から皮膚を突き破って出て来た芽は、やがて森となって街をも侵食しはじめーー。
徹也を長年担当してきた男性編集者、徹也の不倫相手、若い女性編集者、徹也、そして琉生へと視点人物を変えながら綴る長編小説。
おぞましいのに、惹きつけられて目が離せない!これはもう、現実を凌駕しているーー

¥ 1,540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポストもしくはレターパック等

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する