【新刊】舌を抜かれる女たち | メアリー・ビナード / 宮崎真紀

晶文社 2020年
ソフトカバー 132ページ
19.4 x 13.6 x 1.4 cm

- 帯より -
英ガーディアン紙が選ぶ<21世紀の100冊>に!
「このコンパクトなマニフェストは、たちまちフェミニズムの古典となった」

- 商品紹介 -
歴史上長らく、女性たちは公の場で語ることを封じられ、発言力のある女性は忌み嫌われてきた。
古代ギリシア・ローマ以来の文芸・美術をひも解くと、
見えてくるのは現代社会と地続きにあるミソジニーのルーツ。
軽やかなウィットをたずさえて、西洋古典と現代を縦横無尽に行き来しながら、
女性の声を奪い続けている伝統の輪郭をあぶり出す。
#MeToo運動を受けて追記された二つめの著者あとがきも収録

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価