【新刊】おそろしいよる | きむらゆういち(著/文) / 殿内真帆(イラスト)

鈴木出版 2019年
ハードカバー 28ページ
縦257mm 横210mm

- 内容紹介 -
しーんと しずまりかえったよるに、こぶたが おうちで たったひとりで本をよんでいると…パッとでんきがきえて、あたりはまっくら。そのとき、ギギギィ~と…

夜に部屋の電気が急に消えて、ドアが開いてだれかが歩き回る音が聞こえてきたら、おとなでも怖い! これは本の話? 夢? それとも……音だけの怖さ(と、おかあさんに見つかる怖さ⁉︎)は、作者のきむらゆういちさんご自身の体験だそうです。洗練された色使いが素敵な殿内真帆さんの絵は、細かな部分まで切り張りで表現されていて、まさに想像力をかきたてられる1冊です。

- 著者プロフィール -
きむらゆういち (キムラユウイチ) (著/文)
東京都生まれ。多摩美術大学卒業。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞をはじめ受賞多数。絵本に「あかちゃんのあそびえほん」シリーズ、『オオカミのおうさま』(以上、偕成社)、『どうする どうする あなのなか』(福音館書店)など多数ある。

殿内真帆 (トノウチマホ) (イラスト)
1973年生まれ。筑波大学卒業後、おもに絵本を制作している。絵本に『とけいのあおくん』(エリザベス・ロバーツ/作)『ぼくのなまえはへいたろう』(灰島かり/文 以上、福音館書店)、『みずたまり』『ぼくのおおきさ』(以上、フレーベル館)などがある。東京都在住。

¥ 1,540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価