【本と干物】迷うことについて+九鬼の干物+ブックチャーム セット販売 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/4

【本と干物】迷うことについて+九鬼の干物+ブックチャーム セット販売

¥7,000 税込

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

※「本と干物」をご注文いただける方は、下記【ご配送について】を必ずご確認の上、備考欄にて到着ご希望日をお知らせください。
--------------------------------------------

 家へ帰る道すがら干物を焼く匂いがして、すこしだけ早足になる漁村の日暮れ時に、本だけでなく、そんな漁村の暮らしもお届けしたいと思いました。
 明治二十年の創業以来、伝統の味を守り続けている九鬼町の老舗干物屋・浜千商店さんの旬の干物を、トンガ坂文庫が選んだ「ご自宅で干物をつつきながら読む本」とともにお届けします。焦がさないように気をつけて干物を焼いたあとは、香ばしい匂いと絶妙の塩加減とともに読書をお楽しみください。換気扇の音をBGMにするのも、良いものです。
 数量限定となっておりますが、尾鷲ヒノキのトンガ坂文庫オリジナルブックチャームもお届けします。「もう一枚、干物焼こうかな…」と台所へ向かうときに本にはさんでください。

【お届けする本】
『迷うことについて』レベッカ・ソルニット著、東辻賢治郎訳
左右社 2019年
四六判上製 236ページ

 『迷うことについて』は、作家レベッカ・ソルニットによる自伝的なエッセイ。アメリカでは2005年に出版された原書『A Field Guide to Getting Lost』ですが、昨年ついに東辻賢治郎さんによる翻訳が発表されました。
 迷うことについて、そして失われていくことについて、みずからの過去を追想していく奇数章と、「迷子になった光の色」である「青」をめぐる偶数章からなる静かな思索の本です。干物をつつきながら読む本…ではないかもしれないけれど、干物を焼いたあとの夜や、朝食のあとの時間に合うような気がして、【本と干物】に選んでみました。
 仕事場と自宅を行き来するだけの生活となって、道に迷ってしまうことなどほとんどなくなってしまった方や、この先について迷いのなかにいる方や、たいへんたどり着きにくいトンガ坂文庫を目指して九鬼町にお越しくださって、やっぱり道に迷われてしまったたくさんの方々に、読んでいただきたいと思っています。
 
下記リンクより、出版元の左右社様noteで一部試し読みできます!
https://note.com/sayusha/n/n9afdec0bf455

【お届けする干物】
 九鬼の干物屋・浜千商店さんの干物盛り合わせ(2枚ずつ5品くらい)です。
あじ、かます、さんま、さば…など! 季節によって中身がかわります。
※商品写真はイメージです。

【トンガ坂文庫オリジナルブックチャームについて】
商品写真のうち、いずれか一方をランダムでお届けします。ご希望がある場合は、備考欄にてお知らせください。(在庫に限りがございます。ご了承ください)

【ご注文について】
お届け品の準備にお時間をいただいております。あらかじめご了承ください。
毎週水曜日までのご注文
……翌週金曜日以降の到着ご希望日を備考欄にてお知らせください。

※冷凍クール便でお届けいたします。
※北海道・沖縄(離島・一部地域)へのお届けにつきましては、別途送料1000円がかかります。

商品をアプリでお気に入り
浜千商店「うるめいわしの塩干」

浜千商店「うるめいわしの塩干」

浜千商店「あじの塩干」

浜千商店「あじの塩干」

  • レビュー

    (52)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥7,000 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品