【古本】読書礼讃 | アルベルト・マングェル, 野中 邦子 訳

白水社 2014年
ハードカバー 440ページ
四六判

- 内容紹介 -
ブエノスアイレスに生まれ、イスラエルで育ち、イギリス、イタリア、タヒチなどを放浪の末フランスに住まい、翻訳活動を続ける稀代の読書家が綴る、読書への愛が満ちたエッセイ集。
古今東西の作品が登場し、文章も平易なので、読書案内としても読むことができます。
各章の冒頭には『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の一節が添えられており、お洒落。

- 著者プロフィール -
アルベルト・マングェル (マングェル) (著/文)
1948年ブエノスアイレス生まれ。著書に『世界文学にみる架空地名大事典』『読書の歴史――あるいは読者の歴史』『図書館 愛書家の楽園』『奇想の美術館』など。エッセイや戯曲、翻訳、ラジオドラマへの翻案なども手がけている。リエージュ大学(ベルギー)から名誉博士号を贈られ、フランスの芸術文化勲章オフィシエを受章。

¥ 3,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック / ゆうパックなど

    大型本等の送料はこちらになります。

    全国一律 650円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価