【新刊】人類堆肥化計画 | 東 千茅

創元社 2020年
ソフトカバー 256ページ
縦178mm 横128mm 厚さ19mm

- 内容紹介 -
潔癖文化に抑圧された腐爛の分解世界を、艶やかに解放する実践の書。
――藤原辰史(歴史研究者)

東千茅氏は、私が文学でやりたかったことを背徳の里山でやりまくっている極悪人だ!
――吉村萬壱(小説家)

生きることの迫真性を求めて、都会から奈良の里山へ移り住んだ若き農耕民が構想する、生き物たちとの貪欲で不道徳な共生宣言。一般に禁欲や清貧といった観念に結び付けられている里山を、人間を含む貪欲な多種たちの賑やかな吹き溜まりとして捉え直し、人間と異種たちとの結節点である堆肥を取り上げながら、現代社会において希釈・隠蔽されている「生の悦び」を基底から問い直す。本当に切実な問いと、根底を目指す思考とを、地についた生活に支えられた文章で表した、読む人に鮮烈な印象を与える第一著作。

「もとよりわたしは何者でもなく、何者かであろうとも思わない。当然、守るべき社会的立場など持ち合わせていない。しかし、だからこそ語りうる言葉があると思う。わたしは何の実績もない無名の落後者に違いないが、土の上では誰でも一匹の生き物なのであり、地位や肩書はかえって邪魔なものだ。わたしがつねに求めているのは、お行儀のいい言説ではなく、「ほんとうに切実な問いと、根底を目指す思考と、地についた方法」だけである。」(あとがきより)

目次
はじめに
登場生物

腐臭を放つ
腐敗の先の里山生活
腐っている里山
氷砂糖も欲しがる
一三八億年の蕩尽



堆肥へ
自己堆肥化願望
欣求壌土
生物学的腐敗と道徳的腐敗
腐爛生体



世界に逆らう
着陸する
移り住む
紛れ込む
森下さんとのあれこれ



〈土〉への堕落
生前堆肥
伝染する堆肥男
扉を開く
寝転ぶ
甘やかす
同じ穴の貉たちを愛しぬく
希望の闇のほうへ



おわりに

著者プロフィール
東 千茅 (アズマ チガヤ) (著/文)
東 千茅(あづま・ちがや)
農耕者、里山制作団体「つち式」主宰。一九九一年三月、大阪府生まれ。二〇一五年、奈良県宇陀市大宇陀に移り住み、ほなみちゃん(稲)・ひだぎゅう(大豆)・ニック(鶏)たちと共に里山に棲息。二〇二〇年、棚田と連続する杉山を雑木山に育む二百年計画「里山二二二〇」を開始する。著書に『つち式 二〇一七』(私家版 二〇一八)、「『つち式 二〇一七』著者解題」(『たぐいvol.1』亜紀書房、共著 二〇一九)。

¥ 1,870

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価