バス停に立ち宇宙船を待つ | 友部 正人

ナナロク社 2015年
縦180mm 111ページ

- 内容紹介 -
ぼくの歌はしきりにニューヨークに帰りたがる。それはぼくの歌が、1960年代のニューヨークのフォークソングムーブメントの影響を受けているから。これからもそれはたぶん変わらないと思う。ニューヨークの部屋で、毎朝同じ椅子に座り、時差ぼけの頭で思いつくままに詩を書いた。同じ椅子でも向きは変わる。微妙に位置がずれても、それはそれでおもしろかった。そんなふうにして、三年ぐらい季節ごとの詩を書いてみた。
(あとがきより)

書き下ろしの35篇の詩を収録。

ブックデザインは大島依提亜。
本文には、折ごとに異なる7種の紙を使用し、
パラパラとめくると虹のような色の変化を楽しめます。
側面は「三方金加工」でまぶしい金色に輝いています。

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価