狂瀾怒濤: あるいは、ブラックドール騒動 | エドワード・ゴーリー, 柴田元幸(翻訳)

河出書房新社 2019年
A4変型判 72ページ

- 内容紹介 -
ゴーリーの作品は常にいくつか取り扱いがあるのですが、こちらはその中でも傑作と呼ばれているものの一つ。

ゲームブック形式で、指示に従って次のページに進みながら物語が進みますが、そもそもストーリーになっているのか、何が起こっているのか、何がいいたいのか…
ゴーリーワールド全開のシュールでナンセンスな展開が続きます。

しかしながら何度やっても、どう転んでも最後はハッピーエンドになるはずはなく…期待通りの結末です。

- 著者プロフィール -
エドワード・ゴーリー (ゴーリー,E) (著/文)
1925年シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章とモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表。邦訳書に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『うろんな客』などがある。2000年没。

柴田 元幸 (シバタ モトユキ) (翻訳)
1954年生。『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、『メイスン&ディクスン』(上・下)で日本翻訳文化賞を受賞。著書に『翻訳教室』他、訳書にポール・オースター『幻影の書』他多数。

¥ 1,430

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価