ジバンシィとオードリー | フィリップ ホプマン, 野坂 悦子(翻訳) | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

ジバンシィとオードリー | フィリップ ホプマン, 野坂 悦子(翻訳)

¥ 1,760 税込

SOLD OUT

¥ 10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

文化出版局 2019年
ハードカバー 30ページ
縦280mm 横235mm

- 内容紹介 -
誰もが知っている女優のオードリー・ヘプバーンとファッションデザイナーのユベール・ド・ジバンシィ。フィリップ・ホプマンのスタイリッシュなイラストで描いた友情物語。それぞれの生い立ち、出会いのエピソードも。

著者プロフィール
フィリップ ホプマン (フィリップ ホプマン) (著/文)
1961年、オランダ北部のチューリップ農家に生まれる。アムステルダムにあるヘリット・リートフェルト美術アカデミーを卒業。1988年にデビューして以来、250点以上の子どもの本に絵を描いており、スピード感のある陽気なタッチで知られている。そのデッサン力には定評がある。絵本『22人のみなしごたち』(仮題、未邦訳)をはじめ多くの作品が複数の言語に訳されている。邦訳に『兵士になったクマ ヴォイテク』(ビビ・デュモン・タック文、汐文社)がある。

野坂 悦子 (ノザカ エツコ) (翻訳)
1959年、東京に生まれる。オランダ語を中心に子どもの本を数多く紹介している。翻訳作品は『第八森の子どもたち』(福音館書店)、『リスのたんじょうび』(偕成社)、『ねずみのマウリッツ』(文化出版局)をはじめ多数。『おじいちゃんわすれないよ』(金の星社)で産経児童出版文化賞大賞を受賞。創作絵本に『ようこそロイドホテルへ』(玉川大学出版部)などがある。2001年「紙芝居文化の会」の創立に加わり、紙芝居を海外に広める活動も続けている。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (33)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,760 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品