永遠のソール・ライター | ソール・ライター財団(監修)

小学館 2020年
ソフトカバー 312ページ
A5判

- 内容紹介 -
NYが生んだ伝説の写真家が見た世界

発売即重版で話題!
NHK「日曜美術館」で紹介された展覧会の公式図録としても大注目!
「カラー写真のパイオニア」、写真家ソール・ライター。NYの日常風景を天性の色彩感覚と構図で切り取ったスナップ写真は、世界中に驚きと賞賛をもって受け止められ、2017年に日本で開催された作品展も大成功を収めました。
本書では、世界初公開を含む豊富なスナップ写真群と、セルフポートレート、最愛の妹や女性のポートレートを収録。ライターが暮らしたニューヨークの街並みへの優しい視線、身近な人に向ける親密なまなざしを、作品を通して感じることができる写真集です。
2020年1月より東京・Bunkamura ザ・ミュージアムで、4月より美術館「えき」KYOTOで開催される作品集の公式図録にもなっています。

【編集担当からのおすすめ情報】
ライターの妹デボラや、最愛のパートナー・ソームズのポートレートは、街のスナップとはまた違う親密さを感じます。ライターと言えばNYの街並みを写したスナップが有名ですが、ポートレート群にも注目です。

¥ 2,750

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック / ゆうパックなど

    大型本等の送料はこちらになります。

    全国一律 650円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価