白い線 | 志賀直哉

大和書房 2012年
ハードカバー 303ページ
B6変型判

- 内容紹介 -
「暗夜行路」へ通じる静かな哀しみを記した「実母の手紙」、戦後日本がまざまざと蘇える「灰色の月」など、四十二篇を収録。

目次
白い線
実母の手紙
妙な夢
自転車
朝顔
夫婦
衣食住
今度のすまい
耄碌
八手の花
オペラ・グラス
少年の日の憶い出
老廃の身
蓮花話
灰色の月
銅像
鈴木さん
玄人素人
閑人妄語
あの頃
紀元節

動物小品
山鳩
目白と鵯と蝙蝠
雀の話
草津温泉
熱海と東京
尾の道・松江
東京散歩
加賀の潜戸
愛読書回顧
楽屋見物
美術の鑑賞について
赤い風船
首尾の松
ヴィーナスの割目
私の空想美術館
夢か
沓掛にて-芥川君のこと
小林多喜二への手紙
太宰治の死

¥ 2,640

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価