われから: かいそうの もりにすむ ちいさな いきもの |青木優和, 畑中富美子(絵) | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

われから: かいそうの もりにすむ ちいさな いきもの |青木優和, 畑中富美子(絵)

¥1,980 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

仮説社 2019年
ハードカバー 42ページ
A4変型判 縦241mm 横218mm 厚さ7mm

- 内容紹介 -
海にすむ「なんじゃこりゃ!」な生き物たちを紹介する新シリーズ・「海のナンジャコリャーズ」。
第一弾は海の森「藻場(もば)」にすむ「われから」。果たして,ナゾだらけのその正体とは……!?

* * *

2010年に小さな絵本として自費出版し,またたく間に売れてしまった幻の絵本『われから』。
今回の出版にあたり,サイズを原画に合わせて大きくし,本文の改訂を重ね,情報満載の8つの「ふろく」を加えたりと,大きくバージョアップしました。

不思議あふれる「なんじゃこりゃ!」な海の世界,あなたものぞいてみませんか?

版元から一言
幼児から読めるやさしいストーリーに,緻密ながらあたたかみのある絵。
この不思議な生き物・ワレカラを描く絵本『われから』では,研究者ならではの描写の正確さ,具体性,そして生物のおもしろさが存分に詰め込まれています。

また,本文の前後についている8つの「ふろく」の情報量は図鑑なみ。
ふろく①いろいろなワレカラ20種の紹介
ふろく②ワレカラのからだのつくりの紹介
ふろく③藻場にすむいろいろな生き物の紹介
ふろく④著者紹介,ワレカラの動画の紹介
ふろく⑤ワレカラQ&A
ふろく⑥ワレカラのすみばしょの紹介
ふろく⑦ワレカラの採集&観察の紹介
ふろく⑧ワレカラの見分けかた(チャート式)
本文とは別に,この「ふろく」も長く楽しんでいただけると思います。

- 著者プロフィール -
青木 優和 (アオキ マサカズ) (文)
1960年東京都生まれ。現在,東北大学農学部海洋生物科学コースで,海洋生物の調査をおこなう海洋生態学の研究者。いつも海に潜って海藻と動物の関係について調べている。海藻の上にすんでいる小さな動物(とくにワレカラ)たちとのつきあいは30年以上。「ふろく」の絵も担当。

畑中 富美子 (ハタナカ フミコ) (絵)
早稲田大学教育学部卒業,同大学理工学研究科博士前期課程修了。製薬会社研究所勤務ののち主婦。学生時代に研究生として通っていた研究室(東京医科歯科大学)が,比較内分泌学会の事務を担当していたことがきっかけで,学会ポスターなどの製作・デザインを手がけるように。それを機に独学で絵を学び始める。主著『オタマジャクシの尾はどこへきえた』(山本かずとし 文,大日本図書,1997)。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (52)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品