はっとりさんちの狩猟な毎日 | 服部 小雪, 服部 文祥

河出書房新社 2019年
A5変型判 160ページ

- 内容紹介 -
登山家・服部文祥さんと結婚した服部小雪さんの
「普通」ではない毎日を描いたエッセイ。

トンガ坂文庫のある九鬼町は山も海も近く、狩猟をされる方から鹿肉や猪肉をありがたくいただくこともあるのですが、服部文祥さんは住宅街の真ん中で鹿をさばきます。

突然家族を残して山に向かう文祥さんはちょっと無責任にも思えるものの、夫婦で子育てに奮闘する姿や、意外に持つ「普通」な一面など、文祥さんファンの方にも裏話的に面白く読めるのではないでしょうか。

小雪さんのイラストも可愛らしく、且つ分かりやすく、一気に読み終えてしまう楽しさのある一冊です。

- プロフィール -
服部 小雪 (ハットリ コユキ) (著/文)
1969年生まれ。イラストレーター。女子美術大学卒(美術学科洋画専攻)。在学中はワンダーフォーゲル部に所属。夫、二男、一女と横浜に在住。家族、ニワトリのいる日常をテーマにしている。

服部 文祥 (ハットリ ブンショウ) (著/文)
1969年生まれ。登山家、作家。世界第二の高峰K2などに登頂したのち食糧を現地調達する「サバイバル登山」を開始。著書に『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル登山入門』『息子と狩猟に』など。

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価