ことばにできない宇宙のふしぎ | エラ・フランシス・サンダース, 前田 まゆみ(翻訳)

創元社 2019年
ハードカバー 160ページ
四六変型判

- 内容紹介 -
あなたは、自分が夜空に輝くあの星たちと共通点を持っていることや、月がなぜいつもそこにあるのか、などについて思いを馳せたことがありますか? 惑星のすばらしいダンスや、過ぎ去っていく時間のこと、そして森羅万象の原理について、考えてみませんか?

この世界は、あまりにもふしぎに満ちています。私たちは、今までになく複雑化した文明の中で暮らしていますが、そこには美しいもの、そして、「どうやって」「なぜ」という問いの答えに出会う幸せも存在しています。

ニューヨークタイムズのベストセラー「翻訳できない世界のことば」の作者による「ことばにできない宇宙のふしぎ」は、繊細な思考の広がりとイメージ豊かなイラストによって、宇宙のふしぎへの探検にあなたを誘います。私たちのすぐそばにある、おどろくべき原理や法則、現象に光を当て、心を震えさせてくれるのです。

目次
目次

はじめに
私は炭素でできている
太陽を食べながら
この宇宙でもっとも輝けるもの
惑星の動き
熱さって何?
光の魔法
原子は芸術作品
植物の賢い生き方
天の川銀河と太陽系
今日、あなたはあなた自身ではない
ミトコンドリア・イブ
私は青のある所にいるよ
遠く離れた関係
雲に泣く
時間って、本当は何?
月はなぜ空にあるの
分類学
日と年
生命の世界
本当の所、何を吸い込んでいるのだろう
話したいのは、あなただけ
眠る山々は、そのままに
ストレスにさらされるサンゴ
空っぽの空間でダンスを踊る
理論は推測ではない
宇宙はあなたより年上
あなたの大部分は細菌
あなたはただ、一番最近思い返したことだけを記憶している
科学の言葉
日が昇ったあとで寒くなる
あなたは放射線を出している
それはただの夢だった
地球を5周する
心臓の鼓動が26億回
何にも触れられない
なぜ、いつも私の上に雨が降るの
進化
周期的に
死にゆく星々の匂い
オイゲングラウ
宇宙に電話をかけたい
2つ以上 の心臓
5個以上の感覚を持っている
南天オーロラ
初夏はどれほど世界を変えるか
翼も持てるかもしれない
いっせいに
太陽は典型的な恒星
元素のこと
恒星は止まってはいない
永遠の真実はない

著者プロフィール
エラ・フランシス・サンダース (エラ フランシス サンダース) (著/文)
エラ・フランシス・サンダース(Ella Frances Sanders)

必然としてライターになり、偶然イラストレーターになった。現在はイギリスのバースに住んでいる。彼女の最初の本"Lost in Translation: An Illustrated Compendium of Untranslatable Words from Around the World"(邦題:翻訳できない世界のことば)はニューヨークタイムズのベストセラーになり、二作目の"The Illustrated Book of Sayings: Curious Expressions from Around the World"(邦題:誰も知らない世界のことわざ)とともに、8カ国語に翻訳されている。ホームページ:ellafrancessanders.com そのほかのソーシャルメディアにも出没。

前田 まゆみ (マエダ マユミ) (翻訳)
前田まゆみ(まえだ・まゆみ)

絵本作家、翻訳家。
著書に『幸せを引き寄せる月の満ちかけ物語』『幸せの鍵が見つかる世界の美しいことば』(創元社)、『庭に咲く花えほん』(あすなろ書房)、『くまのこポーロ』(主婦の友社)など。
翻訳書に『翻訳できない世界のことば』『SOPPY』(創元社)、『なんでもおんなじ?』(フレーベル館)などがある。

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    本のサイズによって弊社で配送方法を決定させていただきます。

    全国一律 300円

※8,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価