こんこん狐に誘われて 田村隆一さんのこと|橋口幸子 (著), 早川志織 (イラスト), 松原蒼士 (写真) | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

こんこん狐に誘われて 田村隆一さんのこと|橋口幸子 (著), 早川志織 (イラスト), 松原蒼士 (写真)

¥ 1,870 税込

¥ 8,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

左右社 2020年
ソフトカバー 144ページ
四六判

- 内容紹介 -
秋も深まった肌寒い日。田村さんは突然帰ってきた。その日から戦後最大の詩人が私の大家さんになった――。 パジャマで歩きまわり、こんこん狐に誘われて酒を飲む。 戦後最大の詩人、天才と呼ばれた田村隆一の飾り気のない「もうひとつの素顔」をリリカルな筆致で描き出す。 1980年田村さんと和子さんと過ごした稲村ヶ崎の日々を、当時の写真とともに編み込んだ密やかな傑作エッセイ。

- 著者プロフィール -
橋口幸子(はしぐち・ゆきこ)
鹿児島生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。退社後はフリーの校正者として六十歳まで働く。著書に『珈琲とエクレアと詩人ースケッチ 北村太郎ー』(港の人・2011)。『いちべついらい 田村和子さんのこと』(夏葉社・2015)。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (29)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,870 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品