バーニング・ラブ |桑原真理子 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/4

バーニング・ラブ |桑原真理子

¥2,090 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

torch press 2019年
ソフトカバー 104ページ
縦175mm 横115mm 厚さ10mm


- 内容紹介-
明治初期から炭鉱の町として栄えた北海道の夕張。ここでは、元々休憩中に暇を持て余していた一部の器用な炭鉱員が、坑内で石炭を使って細工をしていました。80年代後半に閉山が決まると、一気に炭鉱員たちの中で石炭細工作りが広まります。飲食店や人々の玄関先に飾られている石炭細工は、かつて町の栄光の象徴でしたが、今ではヒビ割れ、その様子は限界自治体となった現在の町を物語っています。

2017年の冬にこの町を訪れた桑原真理子は、初めて入ったラーメン屋で丸い形をした石炭細工を店主夫妻から譲り受け、これをきっかけに、町に残っている黒い玉を探す日々が始まります。1ヶ月の滞在中に、石炭細工を通して見えた町の様子をユーモア溢れる文章と写真で記録し、『バーニング・ラブ』として一冊にまとめました。『石屋さん』に続く、石プロジェクト第二弾。


- 著者プロフィール -
桑原真理子 (クワハラマリコ) (著/文)
アムステルダム在住のアーティスト。東京都生まれ。 父が日本人、母がオランダ人。19歳の時にオランダへ渡る。2011年、ヘリット・リートフェルト・アカデミー(アムステルダム)、グラフィックデザイン科卒業。特定のグループに属する人々との対話を元に、ドキュメンタリー形式の出版物、映像作品を制作している。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (49)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,090 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品