電線絵画 小林清親から山口晃まで | 練馬区立美術館 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

電線絵画 小林清親から山口晃まで | 練馬区立美術館

¥2,500 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

求龍堂 2021年
ソフトカバー 176ページ
B5変型判


- 内容紹介 -
東京オリンピック・パラリンピック開催にあたり、東京は大規模な無電線化が進められています。

見通しのよい街並みが後世に記憶される景色になっていくのでしょうか……。

電線が縦横無尽に走る街の雑然感は、私たちにとっては幼い頃から慣れ親しんだ故郷や都市の飾らないそのままの風景であり、ノスタルジーとともに刻み込まれた景観です。

それは、岸田劉生、小林清親、河鍋暁斎、川瀬巴水、朝井閑右衛門、山口晃、阪本トクロウなど、時代を越えて多くの画家が描いた景色でもありました。

本書は、明治初期から現代に至るまで、晴れやかな近代化の象徴で、“東京”が拡大していく証で、モダン都市のシンボルであった電線、電信柱、架線が描かれた作品だけを集めた、とてもユニークな作品集です。

マニア垂涎の碍子も美術作品として登場します。

150点にもおよぶ作品を眺めていくうちに、私たちの懐かしい街の記憶が甦ってくるにちがいありません。

ノスタルジーに浸りながら頁をめくっていただきたい一冊。

本書は、練馬区立美術館で2021年2月28日から4月18日まで開催される同名展の図録兼書籍です。

目次
プロローグ 日本最古の電線絵画

第1章 晴れやか 誇り高き電信柱

第2章 晴れやか 誇り高き電柱-電気の光

第3章 富士には電信柱もよく似合ふ。

第4章 切通しと電柱―東京の増殖

第5章 帝都 架線の時代

第6章 伝統と電柱―新しい都市景観

第7章 災害と戦争―切れた電線、繋ぐ電信線

第8章 東京の拡大―西へ西へ武蔵野へ

第9章 “ミスター電線風景”朝井閑右衛門と、木村荘八の東京

第10章 碍子の造形

第11章 電柱 現実とイメージ

第12章 新・電線風景

電線年表

総論 加藤陽介(練馬区立美術館)

東京市と近傍への電気供給用電線の敷設 狩野雄一(電気の史料館)

作品解説

作家解説

掲載作品目録

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (49)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,500 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品