NO YOUTH NO JAPAN vol.1 わたしたちの生きたい社会をつくろう U30の投票から未来をつくる | NO YOUTH NO JAPAN(編集), 黒住奈生, 高槻祐圭, 瀧澤千花, 能條桃子 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

NO YOUTH NO JAPAN vol.1 わたしたちの生きたい社会をつくろう U30の投票から未来をつくる | NO YOUTH NO JAPAN(編集), 黒住奈生, 高槻祐圭, 瀧澤千花, 能條桃子

¥1,100 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

よはく舎 2020年
ソフトカバー 44ページ
B6変型判 縦160mm 横120mm 厚さ4mm


- 内容紹介 -
「若者が声を届け、その声が響く社会へ」
U30世代のための政治と社会の教科書メディアとして2019年7月にInstagramで開設されたアカウント「NO YOUTH NO JAPAN」が2週間で約1.5万人のフォロワーを獲得、その後も多くの共感を得ています(2020年7月現在:約4.2万人フォロワー)。
 最初に立ち上がったのは1998年生まれの能條桃子さんを代表とする大学生のメンバー4名。
 2020年7月21日で1周年を迎えるNYNJの主な投稿をまとめ、その活動を伝えます。

装幀:平山みな美

目次
04 NO YOUTH NO JAPANとは?

06 U30の投票から未来をつくる 選挙編
#どうして投票しないといけないの~投票する15の理由~
若者の人数が少ないから/20代のための政策は通りにくい/長期的な政策が生まれない自分と近い考えの人・政党の影響力を高める/若者の権利は知らない間に脅かされている/年金は徐々に減額されている/日本はOECD最低の教育費の国/賃金は下がり雇用は不安定に/U30は参議院で議員になれない/現状への文句・批判を言う権利を得る/自分の子どものための社会にする/投票は一番簡単な政治参加/若者世代の政治的損失を止めるため/社会的に自立するため/いい加減な政治家を許さない

36 「 投票に行く宣言」「 投票したよ宣言」

38 U30の投票から未来をつくる 日常編
男女平等を考える国際女性デー/「 政治の話はタブー」の時代は終わった/気軽に政治を話せる時代始めよう/一人ひとりの行動が「変わる」をつくる/若者が声を届け響く社会へ

43 ストーリーズBEST

44 編集後記
前書きなど
「10年後の日本社会は今より良くなっていると思う?」
「わたしたちが今の社会をもっと良くしていけると思う?」
こんな問いに、わたしたちは自信を持って「YES」と言いたい。
「これだから日本は……」と言うだけで、終わりたくない。
NO YOUTH NO JAPANのメンバーが共有するのは、
わたしたちが生きる日本社会への問題意識を文句で終わらせず、
行動することで変化を起こせるのではないかという希望です。
(冒頭抜粋)


- 著者プロフィール -
NO YOUTH NO JAPAN (ノーユース ノージャパン) (編集)
立ち上げメンバー4人がデンマーク留学で若者の政治参加に影響を受けたことがきっかけで2019年参院選より活動開始。現在は大学生中心に、U30世代が政治・社会を知って参加するきっかけづくりのため、Instagramやイベントを企画運営している。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (52)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品