手塚治虫の森|手塚治虫 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

手塚治虫の森|手塚治虫

¥1,100 税込

SOLD OUT

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

山と渓谷社 2021年
ソフトカバー 400ページ
文庫判


- 内容紹介 -
すべての生命の源でありエネルギーに満ち溢れる「森」を舞台に描かれた珠玉の名作11話。

手塚治虫が遺した作品のなかから、「森と人間」を手テーマとしたマンガを10編セレクトしてまとめた作品集。
今回セレクトするマンガは、森を舞台とする寓話、ミステリー、環境問題まで、幅広い作品のオムニバスですが、
そこには「森はすべての命の源である」という通念が感じられ、
手塚治虫を知っている世代、よく知らない世代含め、「人間と自然の関わりと共存」という普遍的なメッセージを伝える作品集です。


【掲載作品の初出年・媒体名】

「大将軍森へ行く」
1976 年8月『月刊少年マガジン』(講談社)掲載
「メタモルフォーゼ」第3 話として掲載

「峠の二人」
1982 年11 月18 日『コミックモーニング』(講談社)掲載
「サスピション」第2 話として掲載

「熟れた星」
1971 年2月『SFマガジン』(早川書房)掲載

「ブルンネンの謎」
1970 年2月4日『少年チャンピオン(秋田書店)』
「ザ・クレーター」第13 話として掲載

「ブラック・ジャック - ナダレ-」
1974 年2月11 日『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)掲載

「緑の果て」
1969 年5月『ファニー』(虫プロ商事)掲載

「八丁池のゴロ」
1968 年1月1日~12月29 日
『赤旗日曜版』(日本共産党中央委員会)掲載

「三つ目がとおる - オハグロ沼の怪物- 」
1975 年10 月12 日『週刊少年マガジン』(講談社)掲載

「ブッダ -アッサジの死-」
1976 年2月~3月『希望の友』(潮出版社)掲載

「三人の侵略者」
1969 年11 月5日『少年チャンピオン(秋田書店)』
「ザ・クレーター」第7話として掲載

「火の鳥 - 異形編-」
1981 年1月~4月『マンガ少年』(朝日ソノラマ)掲載

(出版社紹介文より)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (65)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品