じゅうぶん豊かで、貧しい社会 理念なき資本主義の末路 | ロバート・スキデルスキー, エドワード・スキデルスキー, 村井 章子(翻訳) | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

じゅうぶん豊かで、貧しい社会 理念なき資本主義の末路 | ロバート・スキデルスキー, エドワード・スキデルスキー, 村井 章子(翻訳)

¥1,540 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

筑摩書房 2022年 ちくま学芸文庫
ソフトカバー 416ページ
文庫判


- 内容紹介 -
ケインズ研究の世界的権威による喜びのある労働と意味のある人生の実現に向けた経済政策の提言。目指すべきは、労働生産性の低下である。解説 諸富徹

===
資本主義の下では資本の蓄積が自己目的化し、大企業は利益拡大にひた走る。結果、富める者だけが富み続け、雇用は不安定になり、格差が拡大する。成長の果実のおこぼれが一般庶民にもたらされないことは、ここ数十年の現実が証明済だ。であるならば政府が目指すべきは経済成長ではなく、国民の暮らしの質を上げることなのではないのか。著者らはその実現のために、余暇を生む労働時間の短縮、一定水準の暮らしを保障するベーシックインカムの導入、際限なき人間の欲望を抑えるための広告課税等の法整備を提案する。成長神話が叫ばれ続ける日本でこそ読まれるべき提言。   解説 諸富徹
===

富の使い先を変える
根源的な資本主義批判の書――諸富 徹

===

【目次】
はじめに
序論
第1章 ケインズの誤算
第2章 ファウストの取引
第3章 富とは―東西の思想を訪ねて
第4章 幸福という幻想
第5章 成長の限界
第6章 よい暮らしを形成する七つの要素
第7章 終わりなき競争からの脱却
原注
索引
訳者あとがき
解説 「善き人生」を支える資本主義のあり方を考える(諸富徹)


- 著者プロフィール -
ロバート・スキデルスキー (ロバート スキデルスキー) (著/文)
経済史家。ウォーリック大学名誉教授、英国学士院会員、貴族院議員。ケインズ研究の世界的権威。著書に『ケインズ』(岩波モダンクラシックス)、『なにがケインズを復活させたのか?』(日本経済新聞出版社)などがある。

エドワード・スキデルスキー (エドワード スキデルスキー) (著/文)
哲学者。エクセター大学講師。専門は道徳・政治哲学。ロバート・スキデルスキーの子息。著書にErnst Cassirer: ¬e Last Philosopher of Culture, Princeton University Pressなどがある。


村井 章子 (ムライ アキコ) (翻訳)
翻訳家。上智大学文学部卒業。経済学の古典新訳を多数手がける。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (66)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,540 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品