琉球の富 | 柳 宗悦 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

琉球の富 | 柳 宗悦

¥1,320 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

筑摩書房 2021年
ソフトカバー 368ページ
文庫版


- 内容紹介 -
===
琉球王国として独自の文化を形成した沖縄。1938年に初めて現地を訪れた柳宗悦は、工芸品ばかりでなく、建物や人、暮らしぶりにいたるまで、すべてが美しい島々に魅了される。以来、来島を重ね、調査・蒐集を行い、展覧会などを通じてその魅力を紹介した。しかしその夢のような美の王国は1945年の沖縄戦で灰燼に帰してしまう。本書には表題の「琉球の富」をはじめ、柳が沖縄のすばらしさや沖縄の人々への想いを綴った主な論考を収録。あわせて玉陵や識名宮、首里の町並みなど、失われてしまった風景を記録した貴重写真も多数掲載。戦前の沖縄がここに蘇る。文庫オリジナル。 解説 松井 健
===

戦前の沖縄がよみがえる
失われし美の王国を記録した貴重な写真を多数掲載
復帰50年記念
文庫オリジナル

===

【目次】
琉球の富
琉球の風物
琉球学の第一歩
現在の壺屋とその仕事
壺屋の新作
芭蕉布物語
沖縄の民芸
沖縄の文化財保護に
国語問題に関し沖縄県学務部に答うるの書
沖縄の話
沖縄の同胞に
沖縄の思い出
首里と那覇
解題
解説 柳宗悦が沖縄で観たもの(松井健)


- 著者プロフィール -
柳 宗悦 (ヤナギ ムネヨシ) (著/文)
柳宗悦(やなぎ・むねよし)
1889-1961年。学習院高等科在学中に雑誌「白樺」創刊に参加。主に美術の分野を担当した。東京帝国大学哲学科を卒業後は宗教哲学者として活躍。濱田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチ、富本憲吉らと出会い、「民藝」という新しい美の概念を打ちたてた。眼の人として知られるが、柳のまなざしは、物の美しさだけではなく、物を生み出した人や社会にたえず注がれていた。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (69)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,320 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品