1/1

ドライブイン探訪 | 橋本 倫史

¥990 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

筑摩書房 2022年 ちくま文庫
ソフトカバー 432ページ
文庫判


- 内容紹介 -
全国のドライブインに通い、店主が語る店や人生の話にじっくり耳を傾ける――手間と時間をかけた取材が結実した傑作ノンフィクション。解説 田中美穂

ロードサイドの風景から、
戦後のあゆみが見えてくる
全国各地に足を運び、店主の話をじっくり聞く。
人生と時代を記録する、傑作ノンフィクション!

道路沿いにひっそりと佇み、食事を提供するドライブイン。それは道路建設に沸き、クルマや観光旅行が普及した昭和に隆盛し、現在は徐々に消えつつある。そんな全国各地のドライブインに通い、店主の話にじっくり耳を傾けると、人の歴史、店の歴史、日本の戦後史が見えてくる──。足を使い、時間をかけた取材が見事に結実した、傑作ノンフィクション。
解説 田中美穂

【目次】

まえがき

プロローグ
酪農とドライブインの町――直別・ミッキーハウスドライブイン 

Ⅰ ハイウェイ時代
かつてハイウェイ時代があった――阿蘇・城山ドライブイン 
東海道はドライブイン銀座――掛川・小泉屋 
クルマで巡る遍路道――高知・ドライブイン27
千日道路の今――奈良・山添ドライブイン 

Ⅱ アメリカの輝き
一九六六年のピザハウス――かつて都心にドライブインがあった 
グッド・オールディーズ――平塚・ペッパーズドライブイン 
オレンジ色の輝き――エイアンドダブリュ沖縄株式会社 
沖縄で感じるハワイ――本部町・ドライブインレストランハワイ 

Ⅲ 花盛りの思い出
観光バスはどこまでも――能登・ロードパーク女の浦 
レトロなオートレストラン――群馬・ドライブイン七輿 
トラック野郎のオアシス――福島・二本松バイパスドライブイン 
ドライブインのマドンナ――千葉・なぎさドライブイン 

Ⅳ 移りゆく時代に
きたぐにの冬――青森・わかばドライブイン 
目的地はドライブイン――栃木・大川戸ドライブイン 
一本列島の夢――児島・ラ・レインボー 
採掘のあとに――筑豊・ドライブインかわら 

Ⅴ 店を続けること
霧に包まれた道――津山・ドライブインつぼい 
雪に覆われた道――南魚沼・石打ドライブイン 
海辺――岩手・レストハウスうしお 
川辺――小山・ドライブイン扶桑 

エピローグ
戦後――鹿児島・ドライブイン薩摩隼人 

あとがき 
令和とドライブイン――文庫版あとがき 
解説 不思議な静けさ  田中美穂 


- 著者プロフィール -
橋本 倫史 (ハシモト トモフミ) (著/文)
1982年、広島県東広島市生まれ。ライター。本書以外の著書に『市場界隈 那覇市第一牧志公設市場界隈の人々』『東京の古本屋』(ともに本の雑誌社)、『水納島再訪』(講談社)がある。2007年にリトルマガジン『HB』を創刊。以後、『hb paper』、『SKETCHBOOK』、本書の元となった『月刊ドライブイン』などのリトルプレスを手がける。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (77)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥990 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品