1/1

ふつうの未来 | 越智 友亮

¥1,980 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

左右社 2022年
ハードカバー 146ページ
四六変型判


- 内容紹介 -
ゆず湯の柚子つついて恋を今している
よく、どさっと俳句が届いたものだった。私は簡単に、いいわね、などとは言わなかった。ダメ出しを繰り返した。彼はめげなかった。――池田澄子

若手俳句アンソロジー『新撰21』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』でも軽やかな口語俳句で注目を集めた著者、待望の第一句集。みずみずしい青春時代から、大人になった「未来」への変遷を鮮やかに描きだす230句。

〈収録句より〉
冬の金魚家は安全だと思う
思い出せば思い出多し春の風邪
いい風や刈られてつつじらしくなる
コーラの氷を最後には噛む大丈夫
ひこばえや喉は言葉を覚えている
肝臓の仕事思えば金亀虫
きりぎりす眠くても手紙は書くよ
さくらさくら吸う息に疫病居るか
風光る消毒疲れなる指に
枇杷の花ふつうの未来だといいな

序 池田澄子
I 十八歳
II 花火なう
III 春を暮らす
IV 柚子は黄に
V 三十一歳
あとがき

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (77)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品