1/1

日常的な延命 「死にたい」から考える | 小川 和

¥1,980 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

ナナルイ 2024年
ソフトカバー 324ページ
四六判


- 内容紹介 -
 朝、ふと目が覚めて、少ししてから「死にたい」と思った。理由はわからない。わからないけれどなんだか「死にたい」と思う。そのことについて考えてみる (冒頭より) 

本書は若手批評家の小川和による単著第1作である。

 著者は「『死にたい』とはどのようなものなのか。無論、答えは人それぞれに異なっている。だからこれは、自分で自分の悩みに答えを出すために書いたものである」と語っているが、共感できないものだけでなく、どこか共感さえできてしまう範囲の「死にたい」にまで思考が巡らされていることが本著の特徴であろう。

 エッセイでもなく、医学的な論文でもなく、それらの外部から批評が選ばれ、呼ばれている。誰かのエッセイに一時的に共感することはあってもまたすぐに辛くなってしまったり、既存のセーフティネットとの相性がしっくりこないと感じているとき、そんな自分を救うための言葉を、「死にたい」という感覚それ自体を、考察していく。

 本文を語る際に導かれるその題材の多くは、現代人の身の回りの生活にも寄り添ったものである。制作や筋トレ、インディペンデント・アニメーション、ひきこもり移民、さらには呪術廻戦、ONE PIECEといったポップカルチャーの話題も差し込まれる。カフカやベケットといった文学的な想像力を活かすことも忘れない。これら全ては、承認欲求やアテンションエコノミーによって「死にたい」を抱えてしまった人たちの立場を土台に考えられている。また、座間9人殺害事件のような社会的事件にまで踏み込み、親密圏と「死にたい」の関係が考えられていることも本著の特徴といえよう。

 著者の実存、人文知の蓄積と理論、社会への洞察。これら3つの大きな要素が掛け合わされる形で書かれたのが『日常的な延命』である。「死にたい」から逃れるためのガイドになるのか、読み物としての批評になるのか、本著とどう親しむかは読者の手に委ねられている。いずれにせよ、「読みやすさ」が意識された本文の文体は、多くの読者に向けて開かれたものである。

佐々木敦氏推薦

延命としての日常を、いかにして構築するか?「死にたい」を「生きてゆく」に変換するための回路を、小川は探求する。あくまでも論理的に、そして批評的に。まったく新しいタイプの「自己救済の書」の誕生だ。


目次
序論 承認欲求社会の生きづらさ
第1部 安心欲求論
 1章 「死にたい」の宛先
 2章 「死にたい」に込められた2つの願望
 3章 安心欲求の摘出
 4章 制作で流れる
 5章 ひきこもり移民というダイブ
 6章 個人作家アニメーションと抽象性の現在
 補遺 自殺予防のセーフティネット
第2部 バーチャル/アクチュアル主体論
 7章 相対性のブラックホール
 8章 筋トレと自己準拠的な身体
 補遺 『呪術廻戦』、 『PIECE ONE』 の断片的な考察
第3部 幽霊的「死にたい」論
  9章 郵便的不安の重なり
 10章 2010年代の躁鬱
 補遺 Z世代にみる承認と安心の掛け算
第4部 フランツ・カフカ論
 11章  だれが 『変身』 するのか
 12章  『訴訟』 の謎多きプロセス
日常的な延命
前書きなど
朝、ふと目が覚めて、少ししてから「死にたい」と思った。
理由はわからない。わからないけれどなんだか「死にたい」と思う。
そのことについて考えてみる。
「死にたい」とはどのようなものなのか。無論、答えは人それぞれに異なっている。だからこれは、自分で自分の悩みに答えを出すために書いた文章である。


- 版元から一言 -
佐々木敦氏が帯文にて本書を紹介!
「延命としての日常を、いかにして構築するか?
「死にたい」を「生きてゆく」に変換するための回路を、
小川は探求する。
あくまでも論理的に、そして批評的に。
まったく新しいタイプの「自己救済の書」の誕生だ。」
   
- 著者プロフィール -
小川和 (オガワ ナギ) (著)
1991年、千葉県生まれ。作家、批評家。慶應義塾大学文学部 卒業。「ゲンロン佐々木敦批評再生塾」に参加し、 さやわか審査員特別賞を受賞。本書がはじめての著作となる。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (105)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品