1/1

英国の民家 解剖図鑑|マシュー・ライス, 岡本 由香子(翻訳), 中島 智章(監修)

¥2,420 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

エクスナレッジ 2022年
ソフトカバー 166ページ
B5変型判 縦208mm 横180mm 厚さ16mm


- 内容紹介 -
英国王チャールズ3世 推薦!
ベストセラー『英国建築の解剖図鑑』『英国教会の解剖図鑑』の著者の第一作。

英国の田舎を彩る、小さな民家。
何代にもわたって住み継がれてきた家々を、
窓や扉、屋根の細部にいたるまで画家の目で詳細に記録した、
いわば「英国古民家カタログ」。
カントリーハウスやお城だけではない、
市井の人々が暮らしてきた民家にこそ、
英国の魅力が隠されているのです。

資料やガイドブックとしてはもちろん、
眺めるだけで英国を旅している気分になる一冊です。

序文を英国王チャールズ3世(執筆当時はプリンス・オブ・ウェールズ)が寄稿、
解説は『日本でもできる!英国の間取り』の山田佳世子さんが執筆しています。


■著者紹介
マシュー・ライス(Matthew Rice ) 
画家、デザイナー、作家。『英国建築の解剖図鑑』『英国教会の解剖図鑑』(ともにエクスナレッジ刊)をはじめ、英国の建築に関する著書多数。
陶芸家のエマ・ブリッジウォーターとの長年にわたるコラボレーションでも知られる。
現在はオックスフォード近くにある中世のゲートハウスに住んでいる。

■訳者紹介
岡本由香子(おかもと・ゆかこ)
静岡県生まれ。防衛大学校卒業後、航空自衛隊に10年勤務。
児童書からノンフィクションまで幅広い分野の翻訳を手掛ける。
『英国教会の解剖図鑑』『英国教会の解剖図鑑』(ともにエクスナレッジ)など訳書多数。

■監修者紹介:中島智章(なかしま・ともあき)
1970年福岡市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。博士(工学)。
現在、工学院大学建築学部建築デザイン学科・教授。
著書に『西洋の名建築がわかる七つの鑑賞術』(エクスナレッジ)、
共著に『パリ・ノートル=ダム大聖堂の伝統と再生 歴史・信仰・空間から考える』(勉誠出版)などがある。
『英国建築の解剖図鑑』『英国教会の解剖図鑑』監修。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (101)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,420 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品