1/1

未完の巡礼 ―冒険者たちへのオマージュ|神長 幹雄

¥1,210 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

山と渓谷社 2023年 ヤマケイ文庫
ソフトカバー 384ページ
文庫判 縦148mm 横105mm 厚さ18mm


- 内容紹介 -
植村直己、長谷川恒男、星野道夫、山田昇、河野兵市、小西政継。
世界的に知られた6人の日本人登山家、冒険者たちの事績を、『山と溪谷』編集長が現地を訪ねて綴った交流の記録。

本書は、直接面識のある著名な登山家、冒険家や写真家の6人、植村直己、長谷川恒男、星野道夫、山田昇、河野兵市、小西政継らの業績を顕彰した人物ノンフィクション。

すでに揺るぎない実績をもち、多くの著書をもつ彼らであるが、実際にその足跡をたどる旅をからめることで、亡くなった当時と現在とのつながり、継続性に重点をおいた。

世界的な極地冒険家・植村直己は、グリーンランド・シオラパルクへの旅を、アルプスとヒマラヤに数々の記録を残した登山家。
長谷川恒男は、カラコルム・フンザへの旅を。
動物写真家・星野道夫は、アラスカ・シシュマレフへの旅を。
世界最強と言われた登山家・山田昇は、アラスカ・マッキンりーへの旅を。
北極点に単独徒歩到達した冒険家・河野兵市は、愛媛県・瀬戸町への旅を。
そして登山を世界レベルに押し上げた登山家・小西政継は、ネパール・マナスルBCへの旅をトレースする。

彼らのすべてが、1970年代後半から90年代にかけて活躍した業績を残し、現地を訪ねて綴られた彼らとの交流の記録である。
6人中4人が43歳で亡くなっている点もあながち偶然だとは言えなくもない。

全員が志半ばでの遭難であり、残された遺族たちの想いも含めて、彼らの登山や冒険が、われわれにその時代、その行為とはなんであったのか問いかけてくる。


- 目次 -
■内容
はじめに
植村直己 時代を超えた冒険家
長谷川恒男 見果てぬ夢
星野道夫 生命へのまなざし
山田 昇 十四座の壁
河野兵市 リーチングホーム
小西政継 優しさの代償
あとがき
解説 時代と人間への挽歌 角幡唯介


- 著者プロフィール -
神長 幹雄 (カミナガ ミキオ) (著/文)
1950年、東京生まれ。
1975年、信州大学人文学部卒業。在学中休学して、2年弱、アメリカに滞在。
山と溪谷社入社後は『山と溪谷』編集長、出版部長などを歴任し、山岳雑誌、山岳書を編集するかたわら、多くの登山家たちと親交を結ぶ。
海外取材の経験も豊富で、個人的にも60カ国以上を旅する。
主な著書に『豊饒のとき』(1990年、私家版)『運命の雪稜』(2000年、山と溪谷社)『未完の巡礼』(2018年、山と溪谷社)など。共著に『日本人とエベレスト』(2022年、山と溪谷社)があり、第12回「梅棹忠夫・山と探検文学賞」を受賞。
近著に編著『山は輝いていた ―登る表現者たち13人の断章』(2023年、新潮文庫)がある。
日本山岳会会員。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (100)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,210 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品