1/1

南光 | 朱 和之, 中村 加代子(翻訳)

¥2,860 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

春秋社 2024年 アジア文芸ライブラリー
392ページ
四六判 縦195mm 横138mm 厚さ25mm


- 内容紹介 -
日本統治時代の台湾で客家の商家の元に生まれ、内地留学先の法政大学でライカと出会ったことで写真家の道を歩み始めた鄧騰煇(鄧南光、1908-1971)。彼のライカは、東京のモダンガールや、戦争から戦後で大きく変わりゆく台湾の近代を写し続ける。
歴史小説の名手が、実在の写真家が残した写真をもとに卓越した想像力で、日本統治時代や戦後の動乱、台湾写真史の重要人物との交流などを鮮やかに描き出す。本国で羅曼・羅蘭(ロマン・ロラン)百萬小説賞を全会一致で受賞した労作。巻末に南光による写真図版12点を収録。


- 目次 -

アルバム一 機械の眼
アルバム二 月光下の山の町
アルバム三 女の顔
アルバム四 電光と神火
アルバム五 整色性の写真家
アルバム六 山へ還る
アルバム七 撃墜される瞬間
アルバム八 上海の灯火
アルバム九 写真の言葉
アルバム十 溶かされた画像
アルバム十一 撮影と写真の違い
アルバム十二 シャッターの速度
付録 南光が写した時代
あとがき 光の痕跡をたどって
訳者あとがき


- 著者プロフィール -
朱 和之 (シュ ワシ) (著/文)
1975年生まれの台北人。現代台湾で注目を集める作家の一人。歴史的な主題から台湾の多様性を描いて社会問題を探求することを得意とする。2020年に『南光』(印刻、2021年)で羅曼・羅蘭(ロマン・ロラン)百萬小説賞を受賞。2016年には「佐久間総督の太魯閣蕃討伐」を描いた『楽土』(聯経、2016年)で全球華文文学星雲賞長編歴史小説賞の大賞を受賞。同賞創設以来、第六回にして初の大賞受賞者となる。2023年にも終戦直後の様々な民族の境遇を描いた『當太陽墜毀在哈因沙山』(印刻、2024年)で同大賞を受賞し、最も栄誉ある文学賞を三度にわたって受賞する快挙を遂げる。2022年にはアイオワ国際創作プログラム(IWP)に招聘される。その他に『風神的玩笑――無郷歌者江文也』(印刻、2020年)、『逐鹿之海──一六六一台湾之戦』(印刻、2017年)など10を超える作品がある。


中村 加代子 (ナカムラ カヨコ) (翻訳)
1980年東京生まれ。ライター、翻訳者。慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。谷中・根津・千駄木界隈の本好きの集まり「不忍ブックストリート」の実行委員として、2006年より「一箱古本市」の運営や「不忍ブックストリートMAP」の編集に携わる。2017年に発足した、台湾の本に関する情報を日本に発信するユニット「太台本屋 tai-tai books」の一員。訳書にハリー・チェン『台湾レトロ氷菓店――あの頃の甘味と人びとをめぐる旅』(グラフィック社、2019年)、陳柔縉『台湾博覧会1935 スタンプコレクション』(東京堂出版、2020年)がある。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (105)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,860 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品