詩記列伝序説 | 室井光広 | 尾鷲市九鬼町 漁村の本屋 トンガ坂文庫

1/1

詩記列伝序説 | 室井光広

¥2,530 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

双子のライオン堂 2020年
ハードカバー 204ページ
8.8 x 12.8 x 1.6 cm


- 内容紹介 -
<希望無き人々>のための詩的言語の使命とは?
ポエジーの原野に光、
言葉の<欠ける橋>を集め、
「読み」の世界劇場へ読者を彫心鏤骨の随筆14編。

ボルヘス、セルバンテス、カフカ、アンデルセン、柳田国男、宮沢賢治・・・
世界文学の星座布置(ルビ:コンステラツィオン)に目を凝らし、ユーモアを手放さずに紡がれた渾身の「道案内」ーー夜空にきらめく詩劇>を深く読み解くために

<目次>

<読者教>信者のひとりごとー序に代えて

天のように母のようにーある著作のための序
ピエール・メナールとその先駆者たち
<混在郷>にて
ガレキの山に埋もれたる歴史あることよ
極詩的言語学入門
打出の小槌考
道化としてなら生きられる

此情可待成追憶ー粕谷栄市頌
<帽子病>の四十年ー粕谷栄市ノート)

目的地と道
ほんたうにおれが見えるのか
世界劇場のサーバントー<シェイクスピアとセルバンテス>のための序
<冬の大三角>座で正しく不安を学ぶ
(出版社紹介文より)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (52)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,530 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品