1/1

武蔵野発 川っぷち生きもの観察記 |若林 輝

¥1,100 税込

残り1点

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

山と渓谷社 2021年
ソフトカバー 288ページ
新書判


- 内容紹介-
まちなかの川で楽しむ、驚きの自然発見!
散歩がてらに楽しめる非日常のワイルドライフ!
生きものの関係をたどっていけば、身近な川がワンダーランドに!

■内容
第1章川っぷち観察の入口
オオタカがコサギを蹴とばした! /川辺に咲く白い花/ガサガサの達人と待ち伏せの達人
ホシゴイを追ってトンネルの中へ/カモの個性を考える/ほか。

第2章 水辺・水中への視点
春の訪れは海からの魚とともに/いつまでも見ていられるニゴイ野産卵行動
川沿いの木が教えてくれること/川っぷちオーケストラ鑑賞/スイカのようなガメラに遭遇! ?
オオバンはクセが強い! /野良グッピーと野良キンギョ/オイカワの産卵場に固執したアオサギ
死んでいたウナギを食べてみた/ほか。

第3章 三面護岸河川「ガタ」
小さなドブ川に希望を見た/旅鳥、タシギと出会う/コイ五百匹! ? 脅威のガタ開き!
足跡から夜の世界を想う/鳥たちのゲ○を調べる/ほか。

第4章 動物たちの回廊としての川
イノシシの足跡をたどる/イバラドームとは? /ケモノたちにとっての回廊/鶏小屋が襲われた!
キツネを追って太古の海の岬に立つ/ほか。

第5章 川ミミズとの出会い
川底から虹色に輝くミミズが現われた/砂金のように輝くグリーンダイアモンド/川を泳ぎ、壁を上ってコケを食む/ほか。

最終章 武蔵野の川っぷちで考えた
関係をたどる楽しみ/ほか。


■著者について
若林 輝(わかばやし・てる)
1972年、東京都生まれ。埼玉県在住。
父に連れられ多摩川・是政橋周辺でクチボソとダボハゼ釣りをしたことが水辺好きの始まり。
以来、武蔵野台地の空き地や水辺が遊び場に。東京水産大学(現海洋大学)で
修士課程まで「サケ科魚類の産卵行動および仔稚魚時の種間干渉」を学ぶ。
一番の趣味はサケ・マスの産卵行動観察。
釣りなどの自然活動をテーマに雑誌や書籍の企画・編集・執筆・出版を行う
編集プロダクション兼出版社「RIVER-WALK(リバーウォーク) 」代表。
社名を冠した川歩きと渓流釣りの雑誌『RIVER-WALK』を発行。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (77)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品