1/1

ぼくはくまのままでいたかったのに……〈新版〉 | イエルク・シュタイナー, イエルク・ミュラー(イラスト), 大島 かおり(翻訳)

¥2,200 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

ほるぷ出版 2024年
ハードカバー 32ページ
25.5 x 1 x 25.5 cm


- 内容紹介 -
はる、くまが 冬眠からめをさますと、
もりは あとかたもなくきえ 
工場が たっていました。

おまけに工場の職長からは、
「とっとと しごとにつけ」と いわれます。
「ぼくは くまだ!」と さけんでも
だれも わかってくれません。

こうして くまは 作業服をきて、ひげをそり、
くる日もくる日も ほかの労働者といっしょに
はたらくことになったのですが……。

人間の身勝手さによって変貌していく自然と、
そこで生きる一匹のくまの姿を
風刺をこめて描きだします。
心ゆさぶる名作復刊!


- 著者プロフィール -
イエルク・シュタイナー (イエルク シュタイナー) (著/文)
文 イエルク・シュタイナー Jörg Steiner
1930年スイスのビール生まれ。教師をしながら作家として活動する。ミュラーと組んで、初めての絵本となる本書をかいた。このコンビのほかの作品に『ふたつの島』『うさぎの島』(いずれもほるぷ出版)がある。


イエルク・ミュラー (イエルク ミュラー) (イラスト)
絵 イエルク・ミュラー Jörg Müller
1942年スイスのローザンヌ生まれ。チューリッヒとビールの工芸学校で絵画を学ぶ。1994年、国際アンデルセン賞・画家賞を受賞。


大島 かおり (オオシマ カオリ) (翻訳)
訳 大島かおり おおしま かおり
1931年東京生まれ。翻訳家。訳書に『モモ』(岩波書店)『ふたつの島』『うさぎの島』(いずれもほるぷ出版)『パパと怒り鬼 話してごらん、だれかに』(ひさかたチャイルド/青木順子共訳)など、多数。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (105)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品